ミエルクローチェ・スタッフブログ
三重県鈴鹿市のゲストハウス・結婚式場

ブログをご覧の皆様こんにちは!
本日ブログを担当させて頂きます
久野こと、くのーるです。

以前のブログで
“ミエルクローチェの好きな場所”について
お伝えをさせて頂きました!
その際に、
披露宴会場の2階の階段から眺める景色について
語っておりました。

今回は、なんと!!
第2弾です。
ミエルクローチェの中で
好きな場所は…

“オープンキッチン”です!

おふたりからのおもてなしでもある
たいせつなお料理。
ゲストの皆様の食べるペースを
拝見しながらも
火を入れるタイミング等を変え、
美味しい状態で
いち早くお届けをするためには
このオープンキッチンは欠かません。

お料理のためにもちろんたいせつな
場所でもある、このオープンキッチンですが…
実は好きな理由がもう一つあります。

それは、私たちからのお祝いの気持ちが届けられる
場所でもあるからです。
お料理だけではなく、
演出を披露することができる
オープンキッチン。

おふたりのお好きな曲とともに、
キッチンスタッフが全力でダンスや
演技をし、盛り上げます!!!

三代目Jsoulさんの流星を披露したり、

マンウィズさんのメンバーになりきったり…

白塗りをし、ゴールデンボンバーさんのように全力で盛り上げたことも…


キッチンスタッフやサービススタッフ、
ウエディングプランナーが
“最幸の1日にしたい”
そんな想いがこの演出を通して
少しでもおふたりはじめ、
ゲストの皆様にお届けできる
場所でもあると思っています。

会場にいるスタッフがひとつになる瞬間、
そして、ミエルクローチェ全員の
おふたりに向けたお祝いのお気持ちを
お届けできる…
そんな瞬間だと思っています。

だからこそ、少しでも楽しんで頂きたいと
オープンキッチンの演出を考えることが
大好きになりました。

何よりも、いつも全力を尽くしてくれる
キッチンスタッフのみんなにも
感謝の気持ちでいっぱいです。

野間料理長
岸田副料理長
柴さん
ありちゃん
みどりさん
本当にいつもありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

今週末も、ミエルクローチェスタッフ一同
全力で最幸の結婚式をつくります!!!

ミエルクローチェ 久野

本日のブログは大森が担当します!
前回に引き続き、おすすめの本を紹介したいと思います!

今回はこれです!


東 直子さんの”とりつくしま”です

ファンタジー調の短編集です。1話も10分以内で読み終われます^^
では、どのような話なのか・・・

まずは、皆さん、
自分にとって1番大切な人を思い浮かべてください

それは、両親なのか子供なのか
はたまた恋人なのか

きっとそれぞれ違うでしょう

では自分が死んでしまたっときに
”モノ”に憑りつけるとなった何に憑りつきますか?

このお話は大切な人の側で”モノ”に憑りついて
見守れます。
ですが命のあるものに取り付くことはできません。たとえそれが草花であっても。

自分が側にいたいと思う人を”モノ”になって見る世界は、お互いが言葉では伝えられなかったこと、
心に思っていたことがリアルにあぶり出されます。

これは大好きな人に今すぐ会いたくなる本だと思います

ぜひ、秋の夜長のお供に・・・